医療レーザー脱毛ガイド|脱毛はクリニックで

医療レーザー脱毛ガイド|脱毛はクリニックで

医療レーザー脱毛について

脱毛はクリニックやエステサロン、自己処理など女性であれば1度は経験があるものですよね。最近では全身脱毛をする人も増えていますが、やはり医療機関で脱毛するのが安心です。

 

そこで医療レーザー脱毛について説明していきます。医療レーザー脱毛は、レーザー光の特定の色にのみ反応して熱を出すという特性を利用して、レーザー光を毛の中にあるメラニンに吸収させ、その後に起こる熱作用で毛根と毛包を破壊して脱毛させる方法です。

 

医療レーザー脱毛に使用されるレーザー光線は黒い色にしか反応しないので、皮膚に照射されても、皮膚の表面を透過し、毛根と毛包以外へのダメージがなく安全なものです。

 

美容外科や皮膚科といったクリニックに行くには敷居が高いなぁと思ってる人もいますが、今や脱毛はメジャーな施術なので、全然気にしなくても大丈夫です。親切なスタッフと技術のある医師がきちんとカウンセリングや施術をしてくれるので安心ですよ。

医療レーザー脱毛のしくみ

医療レーザー脱毛は波長によって特定の色や物質にのみ作用するレーザー光線を使用して脱毛しますが、今やその性質を利用し、歯科・眼科・皮膚科など、さまざまな医療現場でレーザー治療が行われているのです。

 

医療レーザー脱毛は毛の色である"黒いメラニン色素"に反応する波長が用いられています。

 

毛根のメラニンに反応して熱が発生毛根の組織を破壊するため、一度破壊されると新たな毛は生まれなくなります。

 

また、脱毛用のレーザーは黒い毛のみに作用するの で、表皮や周辺の細胞を傷つけることがないので安心なんですね。

 

しかしレーザーというのはすぐれたものですよね。もしレーザー治療が発見されていなければ、痛い針脱毛が続いていたかも知れません。

毛周期

しかし、医療技術が進化したとはいえ、医療レーザー脱毛は1度で終わるものではありません。毛周期と言う言葉を聞いたことがありませんか?

 

毛は「成長期」「退行期」「休止期」というサイクルを繰り返していますが、これを「毛周期」といいます。

 

毛周期は部位によって異なり、女性の場合だと、毛髪は約4〜6年、わき毛は約1.5〜2ヵ月で、新たな毛が生えてくると言われています。しかし、現在私たちが目にしている毛がすべてではなく休止期の毛があるために1度で脱毛が完了しないんですね。

 

医療レーザー脱毛で脱毛できるのは、メラニン色素を多く含む成長期の毛だけなので、この毛周期に合わせて何度か通う必要があるのです。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ