医療レーザー脱毛ガイド|脱毛はクリニックで

医療レーザー脱毛の美肌効果と自己処理のリスク

医療レーザー脱毛による美肌効果

レーザー光線はいろんな施術に用いられていると書きましたが、それだけにうれしい効果がたくさんあります。

 

医療レーザー脱毛は、ムダ毛処理の手間や煩わしさを解消するだけでなく、美肌効果もあるのです。皮膚科の治療でレーザー治療が行われているのをみればわかりますよね。

 

そんな医療脱毛の効果について書いていきます。

 

・医療レーザー脱毛は肌への負担を大幅に軽減してくれます。

 

ムダ毛を自己処理することによって、炎症や細菌感染がリスクとしてあるだけでなく、色素沈着が気になる方も多いのではないでしょうか?医療レーザー脱毛を受けることによって肌への負担が大幅に軽減されるのは容易にわかりますよね。

 

・美肌効果も期待できる

 

まず、医療レーザー脱毛によって太い毛がなくなれば毛穴は目立たなくなり、お肌もつるつるになります。さらに毛穴に熱を加えることでコラーゲンを生む細胞が刺激され、肌にハリも出でくるんだそうです。

 

コラーゲンと言えば、美肌やアンチエイジングには欠かせない今注目の成分ですよね。

むだ毛自己処理のリスク

・カミソリ
カミソリは肌の角質層を傷つけてしまうため、肌荒れや、細菌が侵入してしまうリスクがあります。

 

・毛抜き
毛抜きは炎症や色素沈着のリスクがあります。

 

・除毛クリーム
除毛クリームはいろんなタイプもものがありますが、塗って毛を溶かすタイプも物は、肌表面のたんぱく質も溶かしてしまうため、炎症やアレルギーのもとに。

 

・ワックス
ワックスは皮膚を傷つけ、炎症やかぶれ、腫れ、内出血などを起こすリスクがあります。

 

・電気シェーバー
電気シェーバーは毛穴の炎症や細菌感染を起こすリスクがあります。しかしこの中でどうしても自分でムダ毛処理をやりたいのなら電気シェーバーがおすすめです。

 

こういったリスクもあるので脱毛は美容外科や皮膚科といったクリニックでやってもらうのが安心です。

こまめな除毛で炎症やブツブツ肌を回避する

ビキニラインの毛を抜いたことがありますか?ビキニラインというのは刺激に敏感なので、抜くとすごく痛いんです。1本1本気になる部分を抜いたほうが、脱毛効果は長持ちするのですが、炎症を引き起こしやすかったり、肌がブツブツになってしまうことがあるので、毛抜きで1本1本抜くというのは、あまりおすすめの方法ではないのです。

 

痛い思いをして、炎症を起こしてしまっては、困ってしまいます。やわらかくて敏感なビキニラインは、無理せずにやさしく処理するのが基本です。ただ、硬くて太くてごわごわの毛。生える方向もばらばらなので、処理がとても面倒です。お肌に負担をかけずにビキニラインのムダ毛を処理するには、電気シェーバーや脱毛クリームがおすすめです。

 

電気シェーバーを使うときには、長い毛ははさみで先にカットしておきます。深剃り防止機能がついていれば、お肌をいためる心配もありません。脱毛クリームを使うときにも長い毛はカットしておく必要があります。

 

クリームをぬって5分から10分放置して洗い流すだけなので簡単ですが、使う前には必ずパッチテストをおこないましょう。電気脱毛器を使うという人は、毛抜きと同じ原理になるので、お肌をいためないように注意し、しっかりケアすることも必要です。


ホーム RSS購読 サイトマップ