医療レーザー脱毛ガイド|脱毛はクリニックで

医療レーザー脱毛前の注意

医療レーザー脱毛前の注意点

1.2週間前から毛抜きやワックスは控えてください。毛を抜いてしまうとレーザーが毛穴に反応せず、脱毛効果が落ちます。シェイバーなどで剃るのは構いません。

 

2.脱毛期間中は日焼けを避けてください。(レーザーは黒い色に反応しますので、極度に日焼けしている方には美白剤で色をある程度薄くしてからレーザー脱毛を行う場合あり)

 

また、レーザー脱毛後の日焼けは、毛穴の炎症時に刺激を与えることで毛穴部分がシミのようになって痕が残ってしまう原因になります。紫外線はレーザー脱毛の大敵です。

 

3.脱毛箇所に湿疹が出ている方は、レーザー脱毛を始める前に湿疹の治療が必要となることがあります。

 

4.レーザー脱毛前やレーザー脱毛を受けている期間は保湿を心がけてください。

 

肌がかなり乾燥していると、レーザー照射による熱傷、肌トラブルを起こしやすくなります。また、肌の水分、油分が不足している乾燥肌では、角質層が上手く働いていないため、脱毛後に自然と抜けていく毛が抜け切れず、埋没毛のような毛も発生しやすいんだとか。

 

5.レーザー脱毛は胎児に影響を与えませんが、妊娠中の方のレーザー脱毛はお断りするクリニックが多いです。
生理中も受けても問題ありません。

医療レーザー脱毛の施術の流れ

医療レーザー脱毛はクリニックにもより若干施術の流れも変わってきますが、たかが脱毛と言わず、必ずカウンセリングを受けて、納得できるクリニックで施術してもらうようにしましょう。

 

カウンセリングやテスト照射後、実際にどのような流れになるのかは以下の流れを参考にしてください。

 

1.痛みに弱い人には麻酔クリーム塗布
ご要望に応じて麻酔クリームを事前に塗ります。

 

2.レーザーの照射範囲の毛を剃る
レーザーがターゲットとするのは皮膚の下の毛根・毛乳頭のメラニン色素ですが、毛が生えていると園家にレーザーが反応するため毛を剃ります。

 

3.ゴーグル着用
レーザーは黒いものに吸収されます。そこで万が一のことを考えて目を保護するためにゴーグルを着用します。

 

4.ジェルを塗布
肌を保護するジェルを塗ります。

 

5.レーザー照射

 

6.クリーム塗布
ジェルを拭きとって炎症を抑えるクリームを塗ります。

 

ここまでで1サイクル終了。この後は毛周期のサイクルにあわせて施術を何度か繰り返します。
脱毛部位によって毛周期のサイクルが違いますが、1〜2カ月おきに通院して、大体一年くらいでほぼなくなるといった流れです。


ホーム RSS購読 サイトマップ