医療レーザー脱毛ガイド|脱毛はクリニックで

医療レーザー脱毛機の種類

医療レーザー脱毛機の種類

レーザー脱毛は脱毛機によって得意な部位などがありますが、医療レーザー脱毛機はどんどん進化してます。いくつか脱毛機をご紹介します。

 

・アレキサンドライトレーザー
オーソドックスな脱毛機、アレキサンドライトレーザーは多くのクリニックで使用されていますが、肌へのダメージを最小限に抑えながら、毛のメラニン色素を狙い撃ちし、高い脱毛効果を発揮します。全身の毛に対応可能です。

 

・ダイオードレーザー(ライトシェア)
こちらも多くのクリニックでみられる脱毛機ですが、ダイオードレーザー(ライトシェア)はダイオードレーザーによる脱毛機です。また世界初のFDA承認を受けました。パルス幅が選択できることにより、毛の太さ、肌の色に合わせて対応でき、またその選択性のあるパルス幅と高いエネルギーを出力することで、男性のヒゲから女性のうぶ毛まで、あらゆる毛を安全に脱毛することが可能と言われています。

 

・YAGレーザー
上記の2機種よりもメラニン色素に吸収される率が低いため、肌の色が黒い場合にも比較的安全な治療が行える脱毛機です。

 

・ライトシェアデュエット
今、注目されているライトシェア・デュエットは従来のレーザー脱毛機に比べて照射範囲が広く、スピーディーに脱毛が可能で、痛みもほとんどないのが特徴です。またライトシェアデュエットは従来機に比べてレーザーの当て残しが少ないと言われています。

 

・コメット
ダイオード+高周波(RF)の最新医療脱毛機器で、美肌脱毛できる機械です。ダイオードレーザーで脱毛する毛根部分の温度を上昇させ、高周波を照射することで、毛根部分にダメージを与え、効果的に脱毛できるとされ、産毛までキレイに脱毛。しかも高周波を照射するので、お肌にハリをもたらししてくれるというのだからうれしいですよね。

医療レーザー脱毛の痛み

医療脱毛については痛いのか痛くないのか意見がわかれるところです。

 

しかし痛みについては、部位による違いや個人差が大きいため、一概に「痛い」「痛くない」と言えないんですね。つまり人によって痛かったり、痛くなかったりすると言うことです。上記で説明している同じ機械でも、痛みを感じる人、感じない人がいるので断定できないようです。

 

また、感じ方は部位によって異なりますが、顔や手足の甲、デリケートゾーンなど感覚が敏感なところほど痛みは感じやすくなります。

 

その辺はカウンセリングやテスト照射時にきちんと把握しておきたいところですね。痛みの弱い方には麻酔クリームなどを用意しているクリニックもありますのでそういうところを選ぶといいでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ